スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジア 所感、旅費(2009)

カンボジア旅行を終えて

所感

ものすごく楽しかった、正直日本に帰りたくなかった
プノンペン、シェムリアプ共に一般の人達は意外とシャイな感じだったかも
ただ、話しかけると笑顔で対応してくれた
バイタク、トゥクトゥクの人達は皆陽気に話しかけてきた

ちなみに、シェムリアプの人達は英語が達者だったが、プノンペンの人達は
英語はほとんど話せなかった(バイタク、トゥクトゥクの人達も)

治安

夜10時過ぎに出歩いても特に問題はなかった
ガイドブックとかが大げさな気がする(女の人だと話しは別かも)

屋台、お店(外のレストラン?)

意外と少なかったが、甘いものもご飯物も美味しかった
フランスパンに肉をはさんだのが特に美味しかった
ただ、フルーツの屋台がなかったのと、夜0時前(もっと前で9時頃?)
には殆どの屋台が閉まってた
タイに行ったときは夜からが屋台の本番?だったので、ちょっと残念だった

驚いたこと

アンコール遺跡群で、5歳位の子供達がナタを振り回して遊んでた

10歳位の女の子がバイクを二人乗りで運転してたこと
あと、最大5人のりを見た!!


旅行日数 8泊9日 カンボジア滞在は7日

旅費

エアチケット
チャイナエアライン台北経由 往復航空券 38280円

台湾ホテルだい7000円
出国料2000円位だった気が

カンボジアホテル代 10000円位
アンコール遺跡群3日券 4000円
トンレサップ湖ボートチャーター 4000円
バズ代 プノンペン ⇔ シェムリアプ 片道 1000円
食費 多分10000円位 (アンコール遺跡群無いでの食事は高かった)
その他覚えてないので何かあるかもを踏まえて
計 約80000円位だと思う

次は2008年に旅行したマレーシア
スポンサーサイト

カンボジア 雑記

カンボジア雑記

お金
 某ガイドブックで、流通しているお金は、カンボジアリエルとUS$と書いてあったので、
 カンボジアリエルも必要なのかなと、初日に1万円をリエルに両替したのだが、
 まったく両替擦る必要なかった!!
 どんな小さな店でもUS$が使えるし、お釣りで、リエルもらえるし、なんか損した気分ですね
 
 ちなみに、$で払ってリエルでかえってくる時の計算が大変でした

アンコール遺跡群の子供達

 アンコール遺跡群内には、沢山の子供達がいます
 何をしているかというと、ドリンクを売ったりおみやげを売ったりです
 みんな、すご~く可愛いくて、「もう、何でも買ってあげちゃう」と
 言いたくなるのですが、そこは我慢、ああぁぁぁ~って感じです
 勉強したい子が多いみたいなので、将来的には何か助けになる事をやりたいな
 しかし、子供達の英語はスゴいです、中学校レベルの私の英語より全然話せてます
 見た感じだと、ちっちゃい子は6~7歳位何に、しかも
 「おみやげを買わないからガールフレンドできないのよ」とか言われちゃいましたorz
そうですか、プレゼント攻撃で女の子は落ちるんですねw
 

ボッタクリ
 ボッタクってこようとする人も多少いました

 1.空港のタクシー
   タクシー代は市街まで、一律9$、両替所に連れて行ってもらってオサラバしようとしたら、
   その後にオススメのホテルがあるから、見るだけでいいからと言うので、行くことに
   で、本当に見るだけで、断ったら2箇所連れてきたから12$払とのこと、
   う~ん確かに二箇所連れてきてもらったからなと、思いつつ、連れてきたのは運ちゃんじゃん
   と、9$のみ払う

 2.アンコール遺跡群内
   基本的に物価が高い!!シェムリアプもプノンペンに比べたら少し高いが、
   アンコール遺跡群は桁が違う、ちなみに水一本の価格

   プノンペン → 1000リエル(20円位かな?)
   シェムリアプ → 2000リエル
   アンコール遺跡群 → 1$!!?

   アンコール遺跡群では、基本ボッタクってくるので、2$とか3$とか言ってくる
   あと、T-シャツ15$ → 5$とかもある(買わなかったからわからないけど、多分もっと安くなる?) 

食べ物

 屋台の食べ物最高!!
 甘いモノはワッフル、クレープに練乳、ゼリを牛乳に入れたもの、パンにアイスを挟んだもの
 などをたべました
 
 ご飯系は、フランスパンに色々挟んだものと、焼きそばに卵のっけたのとか

 屋台で売ってるのはメチャクチャ安いです
 是非一度ご賞味あれ

カンボジアへ!!・・・乗り継ぎで台北(桃園)一泊(2009)

久しぶりの海外旅行、何処へ行こうか迷ったが日本から近く、
チケットが安かったのでカンボジアへ行くことにした。
直行便は無く、チャイナエアラインで成田→台北→プノンペン(カンボジア)の経路で行くことになった。

~で、夕方に台北に到着、乗り継ぎは18時間待ち!!出発は翌朝
空港で時間を潰そうと思ってたので、台湾の情報は一切なし。
ちなみに、空港内のホテル(台湾に入国しない)を予約していない場合は入国しないといけないらしい
(成田でチェックインの時に聞いた)
ので、とりあえず入国しようと思ったら入国カードに滞在ホテルを書いてなかったので、入国審査で
何処のホテルに泊まるんだ!!と30分位問い詰められた・・・
まあ、明日カンボジアに行くの一点張りでなんとか通してもらえた

やっとこさ入国、初台湾
う~ん、暇だ、することが無い、空港待機は却下
で、台北は遠いし都会には興味ないので、多分一番近い桃園へ行くことにした。
(重いと疲れるので荷物は最小限、遊び道具なし)
9日間の旅の荷物

バスのチケット売り場に行くと、どうも桃園は普通の市バス?で行くらしい。
チケット売り場の売り子さんに、停留所番号を教えてもらい、後ろを指さされ「右!右!」といわれたので、
とりあえず右へ、多分ここだろうと思われる場所で、挙動不審にしていたら、
近くにいた女の子が、多分マンダリン(中国の言葉は種類が多くてわからない)で話しかけてきた
「すいません、マンダリンは話せないっス」と英語で返すと、今度は英語で、話しかけてきた
・・・英語も話せないっすorz が、まあマンダリンよりはなんとかなる
「さっきからうろちょろしてるけど、どこ行くの?」と言われたので、「桃園」と答えると
「私も桃園に行くバス待ってるの、ここにいればバスくるよ」と教えてくれた

台湾人は親切だな~ビバ!台湾と思って話してたら、どうも台湾人ではなく、シンガポール人らしい
彼氏が、出張で、来てて旅行を兼ねて彼氏にあいに来たとか言ってた
この後無事にバスが来てシンガポールの女の子と一緒にバスに乗り込み話していると
「ホテルは取ってるの?」と、いくつかピックアップしてある桃園のホテルリストを見せてくれた
う~ん、至れり尽くせりです、で、とりあえず、女の子と一緒のホテルに行ってそこが
空いていればそこにすることにした(だって、台湾の住所見せられてもわかんないもん)

ホテル到着、部屋は空いていて、あっさり決まった。お値段7000円(ちょっと高い(涙))
女の子も彼氏と合流、よかったね~では、ありがとうございました、と思ったら、
「一緒に御飯行く?」とのお誘いが!!う~ん邪魔しちゃ悪いしと思ったけど、
彼氏も結構ノリノリだったので、お言葉に甘えて行くことにした

フードコートみたいなところでご飯、職業は、年齢は、何処に住んでるのなど、質問攻めで、
会話に困ることは、なかったのでよかったのだが、
会話をしてる最中にも、おかずが次から次へと運ばれてくるではありませんか!!
そして、「これ食べた事ある?」「これは?}と私のお皿にどんどん料理を・・・
うっぷ!!もうお腹いっぱいッス
私の経験上、中華系の人は食べ物で、もてなすのが大好きな気がする
この後もデザートでピーナッツミクルなる物を食べた
お腹いっぱいだったがこれは意外にいけた

ちなみにバス代からご飯代まで、全てシンガポールのカップルに出してもらった
せめて、デザートはと、私が出すと言ったが、結局払ってもらってしまった
ありがとうございます
(親切にしてくれたシンガポールのカップル)
 シンガポール人カップル


初日から素敵な出会いがあり、楽しい旅行になりそうです
明日はいよいよカンボジア

ちなみにホテルは部屋の半分がガラス張りでした
ホテル2
ホテル1

テーマ : カンボジア
ジャンル : 海外情報

カテゴリ
プロフィール

umm.letmethink

Author:umm.letmethink
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。