スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マレーシア 所感、旅費(2008)

所感

会いに行った友達には申し訳ないが、私の心を揺さぶるものは無かった
(友達と一緒に過ご2日間のみが、楽しい一時だった)

屋台、お店(食べ物)

屋台は、食事系のものは殆どなかったのと、何故か蒸しピーナッツ屋さんが多かった
お店での食事は全て美味しかった
特によく覚えているのは、中華風に味付けされたタイ料理やナシゴレン、ニゴレン、カレー
色んな人種が入るだけに料理の種類も豊富だった

治安

特に危険と感じたことはなかった、夜は暗くなったら屋台は閉まり、人も殆ど歩いていなかった
クアラルンプールでは、チャイナタウン周辺は夜遅くでも栄えていた

クアラルンプール

今回クアラルンプールは書かなかったが、それは、あまりにも書くことが無かったからである
ショッピングに興味の無い私には退屈な町だった
ただ、ホテルからの眺めは好きだった
KL滞在時のホテル → プドゥラヤホテル 
バスターミナルの上で、結構眺めがいい

ホテルからの眺め 何故か見ていて飽きなかった
プドゥラヤホテルから

ホテルから KLタワー・ペトロナスツインタワー お昼
KLタワー_ペトロナスツインタワー(昼)

ホテルから KLタワー・ペトロナスツインタワー 夜 町が眠ってます
KLタワー_ペトロナスツインタワー(夜)


旅行日数 8泊9日 

旅費

エアチケット
マレーシアエアライン クアラルンプール行き 直行便 往復航空券 71810円

ホテル代 20000円位
バズ代 忘れた
食費 多分5000円位 (暑さでダウンして食べれなかった)
その他覚えてないので何かあるかもを踏まえて
計 約120000円位(5万円分トラベラーズチェックを持っていって2万余ったので)

次はタイ(2005)

スポンサーサイト

マレーシア マラッカ(2008)

キャメロンハイランドからクアラルンプールに戻り、翌日日帰りで
行ってきました

マラッカは小さな町で4時間位で全て見て回れました

オランダ広場
オランダ人が統治していたときの建物が並んでいる
建物の色はみんな朱色で統一されていてなんか悪趣味な感じです
(悪趣味と感じるのは私だけ?)

オランダ広場
オランダ広場1

オランダ広場2

クアラルンプールから近いからか、本当に観光地なのか
今回のマレーシア旅行の中で一番外国人観光客が多かったです
(クアラルンプールを含み、今まで殆ど外国人観光客を見なかった)

マラッカ・スルタン・パレス
古い王宮を再現したものらしいです(沖縄の首里城みたいなものですかね?)
外観はなんだか昔の日本の家屋に近いものを感じる(あくまで私の所感)
内部は博物館になっているらしいが、私が行ったときは閉まっていた
ガイドブックには無休と書いてあるのにorz

マラッカ・スルタン・パレス
王宮


チャイナタウン
色々なお店が立ち並び結構な観光客が、お土産を物色していた
私は基本的には旅行中は荷物になるので、買い物はしないが、
見ているだけでも楽しかった

チャイナタウン
チャイナタウン

チャイナタウンのすぐ裏手には青雲亭というマレーシア最古の中国寺院がある
資材は中国から運んできて作ったらしい(ご苦労な事です)
人気の寺院らしく参拝者がすごかった

青雲亭
青雲亭1

参拝者の線香で煙がすごい
青雲亭2




マレーシア キャメロンハイランド(2008)

キャメロンハイランドはマレーシア人にも人気の避暑地らしい
友達もオススメしていたので、行ってみることに

イポーからはバスで約3時間で到着
・・・正直、書くことがない!!
確かに避暑地というでけはあって涼しいのだが、それだけである
名産はBOHTea(ボーティ)という紅茶で、紅茶工場の見学や植物園のようなものの見学、
ゴルフ(時々やるが、一人じゃ無理)などができるらしいがいまいち興味がわかない
ただ、BOHTeaは確かに美味しかった(最初は青臭いと感じたが慣れると美味しい)のと、
涼しさが暑さと食べ過ぎで具合の悪かったのを癒してくれた

どうも、一人旅というより家族できて楽しむとこらしい
しかし、赤道直下近くで標高が高いと年中春状態なので、住むのにはいいかもしれない
将来はこういうところで、ゲストハウス経営などもいいかもしれない

マレーシア ペナン(2008)

クアラルンプールからペナン島へ飛行機で移動
航空会社はAirAsia、格安航空券で話題になっていたので、使ってみることに
予約は日本で、Webサイトから、サイトは英語のみ?(日本語は無かった)だったが、
意外と簡単だった

AirAsia
エアアジア

ペナン島に到着し無事に友達と合流、3年ぶりの再会だったが、
「あなたは、3年前とまったく変わって無いね」との事
う~ん、喜ぶべきなのか悲しむべきなのか
友達はお父さんと車で来たらしく、車で観光することに

観光の道中、お父さんが、気を使ってくれて、色々と説明してくれる
さらに屋台があると「これは食べた事あるか?」「食べてみろ」と片っ端から買ってくれる
気持ちはありがたいが、もうお腹いっぱいで苦しい

街並み
ペナン街並み

龍山堂(金ピカ)
龍山堂

ライトアップされたお寺(もうなにがなんだか)
ペナンライトアップテンポー

一通り観光を終えると、お父さんが「今日はウチに泊まっていかないか」と言ってくれた
うれしいが、迷惑かな~と思ったが、お父さんは泊めるき満々だったみたいなので、
お言葉に甘えて泊めさせてもらうことに

友達の家はペナン島から一時間位で、着いた
友達の弟と妹を紹介してもらったのだが、どちらも長身で、美男美女
(もちろん友達も長身で美女)
なんだか劣等感が・・・

家の作りは日本とは違い玄関が無く、上がると直ぐにリビングルームになっていて
開放的で気持ちがいい
まあ日本でやったら冬の寒さには耐えられないだろう、南国ならではの作りだと思う
お風呂もでっかい浴槽みたいなのに水が貯めてあって、それを使う
スコールもあるし、水は雨水なんだろうか?(シャワーもあった)

翌朝、友達と車でご飯を食べに300m位先のお店に(歩いても行けるんじゃないかと)
その後、友達と車で近所を散策

家の近所
友達の家の近所

漁村らしく近くには海が
友達の家の近所の海

午後からは次の目的地イポーに連れていってもらうことに
イポー到着後もお寺に連れていってもらったり、大量のお土産をもらったり
さらに夕食までご馳走になった

イポーのお寺(中華系のお寺はやっぱり派手)
イポーお寺

ただ、この2日間は食べ過ぎで、この後2日間調子が悪かった(笑)
なんにしても、この2日間は友達家族の楽しんでもらおうという気持ちが
伝わってきてすごくうれしかった















マレーシア クアラルンプール(2008)

マレーシアには友達の女の子(中華系のマレーシア人)が住んでいるので旅行がてら
会いに行くことに

マレーシアまでは直行便で約6時間、成田を出発してクアラルンプールに到着したのは
夜10時過ぎ、空港から市街(KLセントラル駅)まで、電車で30分かけて移動そこから
市電?で一駅いくと、チャイナタウンがある
ガイドブックによると宿が沢山あるらしい

ガイドブックを頼りに安宿をまわるが、どこも満室と断られてしまう
まあ、南国だけあってあったかいし(ちょっと暑い)、1日位駅のベンチで寝ればいいかと思ったが
明日は友達に会いにペナン島に行くことになってる・・・
汗かいたし、お風呂入ってないのは嫌だ、とやっぱ宿を探すことに
とりあえず、チャイナタウンで探すのはあきらめKLセントラル駅に戻り探すことに
ここでも3件ほど、断られたが、ようやく空いてるとこを発見
窓なしボロボロで一泊2000円!!高い!!が、お風呂のためだしかたない!!
時間も1時を過ぎていたのでここに決定

翌朝、どこからもなく、ドタドタドタドタという音で目が覚める
どうも鼠が天井を走りまわっているらしい、五月蝿い!!あと、30分は寝れたのにと、
イラつきながら起床、幸先の悪い出だしだ、と思い宿を後に






カテゴリ
プロフィール

umm.letmethink

Author:umm.letmethink
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。